資金繰りを上手にこなす当たり前の方法

家庭を持つことは、色々な意味がありますが、お金の管理については計画的に資金繰りをする必要があるのです。

資金繰りは、意外と簡単なようで難しいことは、例えば住宅ローンが払えずに住宅を誰かに売り渡さなければならない例がたくさん世の中にあることを考えればわかるはずです。
資金繰りが上手くいかない理由は無駄遣いの意識がない(あまりない)パターンと、将来的な予見が甘いパターンです。



前者の無駄の意識がないあるいは無駄の意識があまりないパターンとはギャンブルやお酒の飲み過ぎでお金を失ったというのは論外で、大抵は目に見えないものにお金を使っていることが多いのです。


例えば生命保険や自動車保険、携帯の通信料などです。保険は普通一度契約してしまうと見直すことはあまりなく、たいていはその状態で5年も10年も同じ保険に入り続けることになります。ですが、保険を見直してみると同じ条件で他社のほうが毎月1000円以上安かったりすることもあるわけです。

また、携帯の通信料で言えばゲームや通話で無駄に毎月4万円も5万円も使ってしまう人がいますが、本当にそれほど使うことが必要なのでしょうか。その点を見直すと毎月数万円はお金が残ります。



将来にかかるお金の予見が甘いとお金が全く手元に残らないことがあります。


もし住宅ローンなどを組んでしまうとすれば、途中で住宅ローンの支払いができなくなり住宅を第三者に売り渡さなければならないのです。
このような点を見直すことで資金繰りがスムーズになる可能性が高いと言えます。