熱交換器?メンテナンス方法 - 熱交換器?メンテナンスについて

熱交換器?メンテナンス方法

そもそも熱交換器とは温度の高い流体から低い流体へ熱を移動させる機器であり液体や気体などの流体を用いて効率的に熱エネルギーを交換することで、加熱や冷却の用途で使われます。

熱交換器 メンテナンス情報探しのヒントをお教え致します。

問題になった福島原発のメルトダウンもこの冷却が出来なくなった為に起こりました。
しかし一般消費者が熱交換器をもっと簡単に理解するには車のラジエターなんかが身近にある熱交換器と言えるでしょう。ラジエターはエンジンの熱を冷やす装置であり中の冷却水が加熱される事によりエンジン温度が冷え加熱された冷却水は風により冷やされ循環します。



ラジエターの冷却水が通る通路(パイプ)は温度の上がった水を冷やすのをより効率的に行うため数多くのパイプ内を通過しより冷却効果を高めている構造になっており、もしこの通り道が何らかの原因で詰まってしまったり通りが悪くなると冷却性能が低下し一気に温度が上昇してしまいます。


そこで熱交換器?メンテナンス方法ですが定期的に熱交換器の通り道を掃除してやる必要が有ります。

ラジエターならば専用の洗浄剤が市販されておりこの洗浄剤を投入ししばらく循環させラジエター内の水を一気に抜き去ります。
これは車両からラジエターを外す事無く行える最も簡単な熱交換器?メンテナンス方法です。他にもラジエターと違い液体では有りませんが冷蔵庫に使用されている物や冷媒-空気の熱交換器を使用しているエアコンの室内機も同様の通路内洗浄による熱交換器?メンテナンス方法が適用されます。