熱交換器?メンテナンスについて

工場などの生産設備やオフィスの空調機器の付属設備に熱交換器があります。熱交換器とは文字通り水や空気の媒体から熱交換する設備のことです。

厳選した熱交換器 メンテナンス情報を調べるならこのサイトです。

冷却水を熱交換器で冷やして再利用したり、空気を温水と熱交換して温めたりと用途は様々です。
熱交換器の種類は色々ありますが、主流は銅管チューブタイプで多く利用されます。

材質が銅のため熱交換しやすく熱効率が良い利点がありますが、長く使用すると銅管の中がゴミで詰まる弱点もあります。


この詰まりを解消する方法として定期的な熱交換器?メンテナンスが重要です。

熱交換器?メンテナンスとは、熱交換器を停止して銅管の詰まりを掃除したり、プレートを掃除して熱効率を復元することです。



熱交換器?メンテナンスは自社で行ったり専門の業者に依頼する方法がありますが、確実に掃除するならば専門業者に依頼する方が良いでしょう。


メンテナンス費用が発生しますが、熱交換器を詰まらせて生産や空調に影響を及ぼすと莫大な損害が発生しますのでメンテナンスは大切です。

また熱効率が良くなることで省エネルギーにも繋がります。
熱交換器?メンテナンスの方法は、銅管を1本1本内部を掃除したり、プレートを取り外してジェット洗浄する場合もあります。

停止できない場合は予備の熱交換器に切り替えてその間にメンテナンスする方法もあります。
いずれにせよ生産設備への影響を最小限に抑えるためには予めメンテナンス計画を立てることが大切です。