熱交換器?スケール対策について - 熱交換器?メンテナンスについて

熱交換器?スケール対策について

工場の製造現場やオフィスの空調設備などで熱交換器は数多く設置されています。


熱交換器とは空気や水から熱を奪ったり、逆に熱伝達を行う設備のことです。
工場や空調設備では冷却水を冷却するためによく導入されます。
熱交換器には色々な種類があります。主流は銅チューブタイプとプレートタイプです。

どちらも熱交換はしますが、用途によって使い分けられ、一般的には銅チューブタイプがよく使われます。

熱交換器を長時間使用すると問題となるのがスケールです。


スケールとは熱交換器内部に付着した不純物のことす。

熱交換器 スケールの情報はここで調べよう。

スケールの付着量が多いと熱効率が低下し、思うように熱交換できず操業にも影響しますので何らかの対策が必要です。

熱交換器?スケール対策で有効なのは熱交換器で使用する水の水質を向上させることです。


水の中から予めスケールとなる物質を除去することが大切で、純水や軟水装置を設置すると良いでしょう。


ただしそれなりの導入費用がかかりますので、導入による採算性をよく検討して下さい。他の熱交換器?スケール対策には熱交換器の定期的な洗浄が有効です。



熱交換器?スケールを洗浄水やブラシで掃除してスケールを除去し熱効率の改善を図ります。



但し専門性の高い作業のため、専門業者に依頼する方が良いでしょう。

熱交換器の分解、洗浄、復旧まで全て行ってくれます。
運転時間に応じて熱交換器の掃除スケジュールを立てて計画的に行って下さい。
熱効率が低下する前に行うことが大切です。